だいきちのWeb起業物語

好きな事がいつでも挑戦できる「環境」をその手に!

*

アフィリエイトで活用するマイナンバー制度

      2019/08/28

今日も『金,時間,家庭』を手にいれ、
幸せになるための考え方を書きますね。

 

 

今回は、
マイナンバー記念ということで
(なんじゃその記念、笑)
マイナンバー制度の導入から学ぶ
アフィリエイト思考をお伝えします。

 

 

もうマイナンバー届きましたか?
僕は不在だったので、
いまだ受け取ってません。

 

 

マイナンバーは、何のために
はじまったのでしょうか?
一元化とか、税金を管理するとか、
脱税させないようにするとか、
あなたも、聞いたことありませんか?
(一般的なことは..ですが。)

 

 

いずれにしても、
マイナンバー制度、
国民が得するシステムでは
なさそうですね。
目的は一体なんでしょうか?
僕の考えは最後に書きます

 

 

さて、それでは
アフィリエイトをしていく上で、
マイナンバー制度導入から学べる
ポイントを2つ発見したので書きます。

 

 

実は、アフィリエイトに限ったこと
ではありませんが、「経済的自由」
「時間的自由」を手にするには、
非常に役立つ考え方です。

 

 

一つ目、

マイナンバーでなにができるのか?
それを詳しくしゃべれる人間が、
僕の周りにはいません。

なので、マイナンバーに詳しい人が、
注目を浴びるのです。

 

 

 

 

「マイナンバーがわかるセミナー」
とか
「マイナンバー活用方法」
とかやれば、多くの企業や、
それを必要とする人が群がります。

 

 

知らないことを
知っている人に教える

 

 

最短最速で集客できる方法ですね。
これポイント!
↑(これけっこうノウハウ。)

 

 

あとは、
『知りたい人いませんかー!?』
と声をかけて行けばいいのです。

 

 

それは、
大きな声で呼びかけてもいいし、
広告出してもいいし、
電話してもいいし、
方法はいくらでもありますね。

 

 

以前やってた仕事の仲間が、
海外で悠々自適な生活をしています。

 

 

彼は、
他の誰より「自由」を望んでました。
「儲け話し」と聞くと目の色が変わり、
行動力は半端じゃなったのです。
会話の中でも、「自由になるには..」
いつも話していました。
(いつもアンテナを張っていた)

 

 

うまくいかなければ、
すぐに方向転換して
数年後、まったく違うことを
始めてました。

 

 

そんな彼が
新しい情報を一早くキャッチ!

 

 

彼の行動力はおどろくほど早く、
明日は、東北、明後日は大阪、
その次、福岡とか当たり前に
公演をはじめたのです。
(自分が知った情報を話す公演会)
彼は誰よりも早かった。
(そしてすごい執念)

 

 

3年後、彼は先生と呼ばれ、
今では、印税みたいな生活ができる
ようになったのです。

 

 

今では、
その情報は日本中に広まり、
常識と化しています。

 

 

なので彼が広めたろいっても
過言ではありません。
(内容オブラートすぎてすいません)

 

 

お子さんは2人いて、
もう成人しています。
お父さんの姿を見てきたので、
お2人とも起業され順調のようです。
一人はヨガ学校、
1人はジュエリー販売をしています。

 

 

知っていることを、
誰よりも早く、
多く行動することで、
その世界の先駆者になれるんです。

そうなれば、海外で悠々自適な
生活も夢ではありません。

 

 

逆に、
新し情報をキャッチしても、
なにも行動せず指をくわえていれば、
誰かが広めて、すでに常識と化し、
貧乏じいさんになって人生終わります。

この記事でも
「貧乏じいさん」書きました。
宅配ドライバーから学ぶ成功思考

 

 

もし、
あなたの周りに「ネットビジネス」や
「アフィリエイト」の稼ぎ方について
詳しい人がいなければチャンスです。

 

 

2つ目、
とにかくはじめることが大事。
マイナンバー制度って、
よくわからない制度ですが、
なぜか始まってますよね。

 

 

それによってすでに○兆円の経済効果
がもたらされたわけです。

 

 

マイナンバーが成功するか失敗するか、
今現在はわかりませんが、はじめての
ことならなおさら、やってみないと
わからないものです。

 

 

やらないで判断するほど、
成功の確率は低く、
やりながら判断するほど、
成功の確率は高いのです。

 

だから、マイナンバー制度は
「成功する確率が高い」のです。
(すでに経済効果あります)

 

 

先ほど紹介した
(悠々自適になった話し)
彼は行動を止めませんでした。
それを冷ややかな目で見ていた人も
いました。

 

 

なぜかといえば、
彼の家族は全員公務員です。
親も兄弟も公務員ですので、
事業を起こした瞬間、
かんどうされてしまいました。

 

 

家族以外からも
「苦労人生だね」とか
「アウトローだね」とか
「ギャンブラーだね」とか
言われてました。

 

 

周りが反対することって、
周りの常識がそうだってことです。

 

 

つまり、
海外で悠々自適な生活を目指すのは
周りからみれば非常識なので、
「そんな可能性が低いこと、
やらないほうがいいよ」って
おもって反対するのです。

 

 

一方、彼はというと、
「これから労働型で生きれば、
安定する可能性は低いよ」と
考えるのです。

 

 

僕は彼の考えに大反対です。
なぜか?それは、
時代は変化しまくっているからです。

 

 

あなたが見ている
スマホやパソコンは
もう古くて使えません

 

 

それが信じられないなら、
50年後に行ってみてきてください。

 

 

彼の主張することも、
いずれ常識になる可能性が大です。

 

 

日本には1000兆円以上の
借金があるとされています。
(国民の貯金も多いようだ)

 

このまま、国民の預貯金運用が
うまくいかなかった場合、
借金返済のため、どこかで
やらなければならない預金封鎖。

 

そうなれば、
日本は危機に直面します。
その逆境を好転させて、
再び世界をリードする時代になり。
日本人の若者ほとんどが世界の舞台で
事業を繰り広げ悠々自適な生活ができる
ようになる可能性もゼロではありません。
それが「常識」と
なります。

 

 

こんな考え方もあります、
借金返済のため、どこかで
やらなければならない預金封鎖。
日本はその危機に直面します。
その逆境を好転させて、
自給自足の模範を世界に示しました。
「自然と共存していくことが
人間のあるべき姿だ」
という常識になる可能性もあります。

 

 

以上2つは極端な話でしたが、
50年後は全く違う国になって
いる可能性も高い。

 

 

あなたは、
なにを常識と考えますか?

 

 

これが目的の可能性も..↓
マイナンバー制度あって初めて預金封鎖が可能になる

 

 

ちなみに、
僕の考えは、IMFに介入してもらい、
預金封鎖して、早く借金返済をした
ほうがよいと思ってます。

 

 

なぜなら、
子供の時代にIMF介入とか、
預金封鎖とか、
かわいそうだからです。
今、自分が動けて頑張れる時、
やって欲しいとおもってます。

 

 

それ以降、数十年に渡り、
不安定で、贅沢なんかできない時代が
来るかもしれませんが、それはそれ。

 

 

なんでもいいけど、
子供達が暗い日本で生きるなら、
早く明るい兆しが見える日本に
なってもらいたいって思うんです。

 

 

遠くない未来に、
「行動しない人間が排除される」
時代がきます。

なぜなら「ロボット化」です。

また別で書きたいと思います。

 

追伸

マイナンバー制度自体
あまり関心がありません。
(というか知りません)
それより、現金をカラフルにしたら、
「もっと活気でるんじゃないかな」
と思ってます。
あなたはどう思いますか?

 

 

外国の紙幣って、
カラフルですね!
見ていてなんか楽しくなります。

 

 

下のお金はシンガポール・ドルです。

PAK73_kaigainookane20140531-thumb-1000xauto-17112
この他、
ニュージーランド紙幣や、
オーストラリア紙幣もカラフルで
なんだか楽しそう。

 

 

日本のお金は黒系で、
暗い感じがしませんか?

 

 

紙幣をカラフルにしましょうよ!
といいたい。
(なんか楽しくないですか?)

 

 

よく
景気悪いとおとなしい色が流行り、
景気が良いと明るい色が流行る。
と言われています。

 

 

なので、景気を良くしたいなら、
明るい色を使ったほうがいいと思います。

 

 

クレカ会社からしたら
客へるからヤメろー!
って怒られますね。

 

 

 

 

記事の感想やコメントくれると
ブログ運営の原動力になります。

記事よんだ証拠に下の「ポチッ」
とおしてくれると喜んじゃうぞ!


 - 戦略・思考 , ,