アフィリエイトで自由な人生を目指す元佐川マンの物語

もう夢なんてみないなんて言わないよ絶対

*

副業するとお金が減る!?増やし方は?

      2019/09/18

副業するとお金が減る!?増やし方は?

「副業で稼いだ額より多く使ってしまう?」
「お金の増やし方は?」という話です。

副業解禁は国も後押ししている
信用金庫や地方銀行が解禁しているのが動かぬ証拠だ。
コレがかなりカラクリチックなのだ
副業を頑張った国民は
みんなが皆、裕福ではない。
国民はアホだからなのか?消費が増えているのだ!

 

そこに、かなりムカついたので
今回記事を書いた。

 

あなたが頑張って得た副収入。
是非、増やして行って欲しいし
シブシブ生活する為ではなく
穏やかな生活をして欲しいと心から思ってる。
だから、今回の記事を閲覧していただきたい。

 

 

注意:副業で稼ぐと見栄を張ってしまう

副業で5万円稼いでいるとしよう、
気持ちが大きくなり、多く使ってしまう人が続出しているようだ

 

 

生活費の足しに副業を始めた人の場合
お菓子や食事を少し多く買ってしまうとか、
コンビニ利用してしまうとか
ようは、収入が増えたから節約を怠けちゃうって事

 

 

趣味にお金使いたくて副業はじめた場合
例えば釣りのブログを書いて副収入を得ているとして
道具を新調したり、もっと最新のリールとか竿とか
色々と見栄も出てくる様だ。

 

用具を買ったりするのは
投資として全然OKだと僕は思う。

 

問題はそれ以外の使い道
例えば家族で外食した際

 

ここはお父さんが払うから!

などと
お金持ちを気取ってしまいがちだ。
少し高い食事をしてしまったり
気持ちが大きくなってしまう。

そうなると、赤字と転落する

 

おすすめの改善策方法

改善策は、副業通帳を作ることです。

 

副業専用の通帳があれば、
副業のための投資や、広告費といった
経費も管理できるからね。

 

生活費の足しで副業しているなら
節約を徹底して行けば良いし
そもそも生活費が足りないんだから贅沢なんて絶対ダメ。

 

 

趣味の為の副収入ならば
趣味に関して以外では絶対使わない!と決めましょう。

 

 

副収入を得るのは嬉しいが
金銭管理が思いのほか難しいのである。

 

 

 

副業収入を減らさなで増やす方法

僕はこれを伝えたいのだ!

 

1、副業して稼いだお金は、副業を始めた理由通りの使い方をするべき。

 

生活費の足しなら生活費に
趣味の為なら趣味へですね!

 

これがけっこう難しいいんです。

 

使い道を変えないという事
これが赤字にならない方法です。

 

あと、釣りなら本を読んだり、
ツアーにいったり
知識や技術に投資してみて下さい。

 

 

折角、副収入を得ているのですから
知識や技術に投資しないってのはもったいない事
5万の副収入を6万、7万、8万と増やしていきましょう。

 

具体的には、5万稼いだ経験をブログ以外でも
YouTubeやコンテンツ販売して収益化したらいいです。
今の時代、それができますので
是非チャレンジしてみて下さい。

 

ところで日本で副収入を得ている人って
どのくらいいるいでしょうか?

 

副業している人の割合

40代で副業している人は
全体の17%で、平均月収は、39,000円。

この数字はある銀行が調査した数字です。

内訳は
アルバイト・副業30%

ポイントサイト30%

不動産30%

あなたも、これから副業するかもしれませんね。

そのとき、この記事が役に立てば幸いです。

 

PS

僕は今まで多くのビジネスを見てきたのですが
2%って数字はかなり注目すべき数字です。

 

2%、100人いたとして、2人ですね。

 

例えば
非常識だった電子たばことか
電気自動車とかをみるとわかりやすいです。

 

2%のユーザーがいれば
今後、爆発的に伸びる可能性があります。
国政の後押しもかなりポイントです。

 

今なら、AIインスタ集客ですね。
LimのAMSシステムっていう人口知能の集客です。
細かいことは僕にはよくわからんですが
AIの実力証明が始まったのかな?
(実は、8月にスカイプで事業説明を受けました。)

 

運用する企業や個人店
5万アカウントくらいに増えたら
これから常識になるのかな?って思ってます。

 

調べると、
今、全国の小売店の数は284万店舗くらいで
インスタ人口が2,900万人。

 

AIインスタの運用アカウント数は
多分、1万件弱でしょう
5万アカウントで2%かー。
ムム!2年くらい先かな?!

 

 

ソフバンの孫さんも投資しまくってるAIです
これからもアンテナ張って行きたいと思います。

 

 

PPS

皆さんご存知、国の後押しはQR決済ですが
マイナンバー同様、僕は一過性だと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

この記事、少しでも良かったと思ったら
Twitterやフェイスブックもやってますので
「いいね!」「シェア」お願いします。


 - 副業一般, 日常の出来事, 社会・経済