だいきちのWeb起業物語

好きな事がいつでも挑戦できる「環境」をその手に!

*

小学生の子供、転校させる?させない?選択できる環境

      2019/09/14

今日は、新年会に行きます。

小学生の娘が部活にはいったので、
新年会に誘われました。
父親だけの新年会です(笑)
娘は去年まで
別の小学校に通ってました。

 

 

その学校では
「泥棒をする子」という
学校中でウワサが広がり色々考えた結果
転校させることにしたのです。

泥棒をしたのは、
事実です。

 

 

 

「泥棒されたからやり返した」
その結果、泥棒するという噂が広まって
しまいました。

 

 

性格はおとなしくて体は小さいほう、
自分から声をかける事もできず、
休憩時間は1人机で絵を書いていました。

 

 

そんな中、いつも声をかけてくれる
優しい子が出てきました。
娘も唯一の友達と思っていたようで、
休日は、うちに遊びに来たりして、
親としては少しホットしていました。
(やっと友達できてよかった)

 

 

 

 

その子は体も大きく別のグループの子に
も積極的に話しかけます。

 

 

 

ただ問題なのは、その子は
話しを広げる癖があったのです。

 

 

 

「○○ちゃんが(娘の)悪口言っていたよ」とか

それを聞いた娘が○○ちゃん大嫌いっていえば

「(娘が)○○ちゃんの悪口言っていたよ」
という橋渡しをせっせとしていたのです。

 

 

その子は、みんなから注意を引き、
かまって欲しかったようです。

 

 

一方、娘からすれば唯一の友達、
嫌われたくなく、疑わなかったようです。
娘はグループからは完全に無視され、
嫌われていました。

 

 

ある日、
グループの子が持っていた消しゴムと
メモ帳がなくなりました。

 

 

娘の机をグループの子が捜索すると、
それがあったのです。
泥棒してしまったのです。

 

 

それ以来、
「泥棒」の噂が広がり、娘はさらに1人で
いることが多くなりました。
「友達なんていない」そういう言葉が多
くなり、様子が変なので話を聞いて分か
りました。

 

 

 

他の父兄に意を決して聞いてみると
「娘さん、泥棒しちゃうって聞いたよ」

 

 

まさかうちの子が..
「なにか理由があるに違いない」
そう思ってさらに話を聞きました。

 

 

 

どうやら
娘が大事にしていたメモ帳とボールペン
が以前、盗まれ困っていたようです。

 

 

 

でも盗まれたペンをグループの子が使っ
ていたのを見てしまったようで、
私のもの、返してとも言えず、
「悔しくって盗み返した」
とのことでした。

 

 

娘が盗み返すのを想定していたグループ
の子は「瞬間をつねに監視しており」
これみよがしに現場を抑えました。
それがことの全貌だったのです。

 

 

グループの子の父兄、
先生にも相談しました。

それぞれ子供に聞いてもらいました。

するとさらにその噂が学校全体に広まり、

騒ぎになりました。関係ない父兄までも、

娘は「泥棒」という噂が広まったのです。

 

 

 

娘が、取られたものを取り返しただけで
あった事実は判明したものの、これ以上
話しあっても、「だれが悪い」とか攻め
ることになるので、意味のない争いだ。

 

 

 

悪口を橋渡しをしていた子だけを責める
こともできません。
(話しかけてくれる優しい子です)

 

 

 

そうは言っても、
一度たった噂は消えません。

グループ VS 娘
先生はそれを知っておきながら..
敵を多く作りたくないのでしょう。
結局なにもしてくれませんでした。

 

 

 

学年を集め、
娘の泥棒ではないこと話して欲しかった、
「1人が犠牲になればいい」という考えな
のでしょう。

 

 

「こんな学校には通わせたくない」と
おもいました。

 

 

 

転校したいか娘に聞くと、
「すぐにしたい」と伝えてくれました。

 

 

 

学校に転校を伝え、父兄にも挨拶。
すると、
色々な声が妻の元に届きました。

 

 

「うちの娘(グループの子)が悪いのに
ごめんなさい」
「泥棒なんかできない子なのになんで?」

 

 

 

娘のペンとメモを先に盗んじゃった
(グループの子)親から泣きながら電話
がありました。
「皆に真実を話すから」と。

 

 

仲の良い父兄からは
「なんで?ひどくない?」
そんなことする子じゃないのに..
親や学校の父兄が今回の事実を知ったと
ころで、娘の心は傷ついて治すこと
はできません。

 

 

娘の気持ち優先してあげたかっ
たのです。
疑われて生きる辛さ
大人でも参っちゃいます。
新しい学校で同じ目に
遭うのではないか?
新しい学校の先生は
大丈夫なのか?

 

 

 

娘にとっても、
学校を変えるのは
すごく大変なことです。
いろんな不安はありましたが
転校を決断しました。

 

 

娘自身、変わりたい!
と思っているようで、
「部活に入りたい」と
言ってきました。
(おっ!珍しい。)
ユニフォームなど揃えるとけっこうな
金額になりましたね(^_^;)

 

 

最近わずかですが
積極的になってきました。

 

毎週ではないけれど、
日曜日はクラスメイトのお宅
に誘われて喜んでいます。

 

 

本人曰く、
「気持ちわるい世界から
チョコレート畑に変わった」
チョコレートが大好物なので、
転校してよかったと思ってます。

 

 

 

記事をもっと
良くしていきたい!
批判やご意見
なーんでもOKです。


 - 日常の出来事 , ,