だいきちのWeb起業物語

好きな事がいつでも挑戦できる「環境」をその手に!

*

ネットビジネスで稼ぐというが..

      2019/09/14

ネットビジネスで稼ぐというが..

netbusiness

どうも大吉です。

 

  1. 寝ているだけで
    金持ちになるひと
  2. あくせく働いても
    貧乏なひと

 

昨日、
元々酒屋さんだったけど、
コンビニはじめた店長さん
からこんな話しを聞きました。
(時代の波?)

 

その前に、

酒やタバコは国の許可があれば
販売できるのですが、
昔と今ではだいぶ条件が
変わったようです。
(免許制度の規制緩和)

 

 

昔だったら、
このエリアは2店舗許可するとか
人口増加が著しいので、
このエリアには5店舗許可するとか、
酒屋さんの数を超限定してたのです。

 

そのため、今のようなお客さん争奪戦
はなかったようです。
(国から守られていたようです。)

 

 

今では、たいていのコンビニとか
スーパーで買えちゃいますよね。
(薬局でも売ってる不思議さ..)

 

で、
昔は、ほぼ掛売り、
つまり「ツケ」だったようです。
(後で、まとめ払い)

 

これは、
クレジットカード
のようなもので、
酒代が払えない人も
いたようです。

 

 

優しい酒屋さんの場合は、
支払いを待ってくれますが、
待ってるあいだにトンズラ
されたり、集金できないことも、
あったようです。
(トンズラした人は、
他の酒屋をさがし、
ツケで買ってるらしい)

 

 

そういった特殊な場合を除き、
どうしても集金困難な場合は、
田んぼをもらうことになるようです。
(それしかないから)

 

 

そのため、
優しい酒屋さんは、
田んぼが少なくて、
厳しい酒屋は、
田んぼをバンバンとったので
勢力を増していったようです。
(なんか怖い世界)

 

 

まるでっていうか、
一昔前のサラ金取り立てみたい..

 

 

酒屋さんが、
土地を多く持っているのは、
そのナゴリのようですね。
(田んぼ払い!すごい払い方!)

 

 

で、ここからなんですが、

昔から、
田んぼだけの収入では
食べていけなかったようです。

 

 

そのため、
野菜を作ったり、他の収入源を
探すことになるのですが、

 

 

うちの近所の農家さんも
ハウスで野菜作ったり
定年までサラリーマンや
公務員やって、定年後に
農業やっていたりしています。

 

 

そんな田んぼ農家の、
面白い話が聞けました。

 

頑固じじい

 

多くの農家はコメの収穫では
食べていけず出稼ぎ労働をしました。

 

 

そんな中、出稼ぎにもいかず
寝てばかりの頑固じじいがいます。

 

 

頑固じじいは
いつも田んぼで
寝ているだけ、
しかも、出稼ぎ労働者を
小バカにしていました。

 

 

「おまえらが出稼ぎで稼ぐより、
俺のほうがよっぽど多く稼いでる!」
(すげぇイヤミなじじい)

 

 

じじいは
くる日もくる日も
田んぼのあぜ道で
寝ているだけでした。

 

 

不思議に思った農家が
様子を見に行きました、
すると..そのじいさん、

 

 

くる日もくる日も
寝ているだけだと思ったら、

 

くる日もくる日も
たんぼの水稲と天気を
観察していたのです。

 

 

そして、
追肥のタイミング、
水路あけるタイミング
..などなど、
赤子を育てるように
いつも寄り添い、
水稲を育てていたのです。

 

 

「水稲の成長は天候で変わる、
たった一日の差が命とりだ!」

 

 

じじいの
言ってることは本当でした。

 

 

頑固じじいの稲は、
ほかの農家の稲より
断然元気で、米も
たわわに実りました。

 

 

その差はなんと!

プラス105俵!

ほかの農家より多く
収穫していたのです。

 

 

1俵(60㎏)は
1万5千円以上で売れるようです。
105俵なので約160万円です。

 

 

なので、
じじいがバカにしていた
出稼ぎ労働の賃金より、
はるかに多く稼いでいたのです。

 

 

ろくな手入れもせず半ば放置している
田んぼと、赤子のように育てた田んぼ、
差が出るのも納得の行くところです。

 

 

この話を聞いた時、
インターネットビジネスも
まったく同じだなと思いました。

 

 

インターネットビジネスでは、
ネット活用して収入を得ますが、
田んぼでコメを収穫する。)

 

 

同じインターネットを使っていても、
少ししか稼げない人と、
ガッツリ稼げる人に分かれるのです。

 

 

また、
同じネットビジネス教材
購入していても、
稼げる人と稼げない人で
大きく分かれるのです。
ネットビジネス教材
ネットビジネスを教える
教科書のことで情報商材
の一部です)

 

 

トライ&エラー

 

ネットビジネスで
ガッツリ稼げる人は、
実はコツコツ作業しています。
ビジネスを育てる感じ

 

 

くる日もくる日も
お客様の心理に寄り添っていき
本当の欲求に近づけようとします。

くる日もくる日も

田んぼのあぜ道で
稲に愛情をかけ育てる。

 

 

その繰り返しで
気付きがあり
その度に修正しいずれ
稼げるようになるのです。

 

 

まず行き先を決めましょうね!
それがないとコツコツも
頑張れません!
途中、道が間違っていないか
必ず不安になるので

 

 

以上、田んぼでほかの農家より
105俵(160万円)多く収穫する
頑固じじいの話しでした。

 

 

追伸

 

以前
ある商品の販売代理店の
権利をかいました。
60万円で..

 

 

国に許可をとったり
ホームページを立ち上げたり
準備は超順調にすすみました。

 

 

いざオープンすると
とんでもない事実に直面するのです。
ムムッ!飽和している…

 

 

飽和しまくってる業種に
飛び込んでしまったのです。

 

 

朝8時からよる10時まで
集客のためにパソコンの
キーボードを打ちました。

 

 

この文言がダメなのかも、
ホームページのトップ画面が
ダメなのかも、広告をもっと
出したほうがいのかも..

 

約1年間そんなことをしていて
売上は2万円弱しか稼げませんでした。

 

 

これでは一生ムリ!!

気がつきました。
それはお客様の欲求と
僕の欲求がズレまくっていた
のです。

 

 

その代理店のサービスをやめて
飽和している業界自体に
クローズダウンしてみました。
その時の
心理推移はこんな感じです。

サービスが売れずに困った

自分だけではない

「業界の困った」がニーズじゃないか?

業界が助かるサービスをできないか?

ああ、これこれ!
こんな感じでした

 

 

僕はたった1ヶ月で
60万円を取り戻しました。
代理店権利金の分

 

 

困ったところに
チャンスあり!

 

では!
大吉でした。

 

記事をもっと
良くしていきたい!
批判やご意見
なーんでもOKです。

コメントくださーい(^^♪

※コメントの際は「コメントを送信」を先に押してください。


 - アフィリエイト, ネットビジネス一般, 戦略・思考 ,